ギガガルーラEURUSDを検証!10年間の0.4ロット最大3ポジションの単利運用で1,700万円の利益 PF2.70超 1.0ロット運用時期待利得13,000超の真実を暴く!

今回も初心者の方に分かり易く解説、現在FX-ONで人気ランキング1位上がってきた( ゚Д゚)ギガガルーラEURUSDの検証をしていきます。

 20180621092304

ちなみにFX-ONで人気ランキングで2位になってしまった「利大損小百花繚乱EURUSD」、4位「Spiral_M1AUDCAD」6位「Pips_miner_EA」も検証済みなので気になる方はこちらどうぞ($・・)/~~~

2位「利大損小百花繚乱EURUSD」

4位「Spiral_M1AUDCAD」

6位「Pips_miner_EA」

アシスト不要な選手はこちらにGO

ギガガルーラEURUSD
10年間の0.4ロット最大3ポジションの単利運用で1,700万円の利益 PF2.70超 1.0ロット運用時期待利得13,000超
10年間の0.4ロット最大3ポジションの単利運用で1,700万円の利益 PF2.70超 1.0ロット運用時期待利得13,000超?|?fx-on.com

 

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

最近、出たばかりのEAです。FX-ONの人気ランキング上位に入ってきてるので、購入を考えている方は是非参考資料にしてください。

 

よかったらクリックアシストお願います☺

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

そしたら、本題に( ゚Д゚)

 

「ギガガルーラEURUSD」まだ実績がないのに、多くの人が購入をしている!

20180621095553

販売日・・・2018年6月17日

購入者・・・174人

販売してから、まだ4日間で174人は注目されているということです。そりゃ、人気ランキングで1位になります( ゚Д゚)

1日/43.5人が購入していることになるのでこの調子でもし1ヵ月行けば・・・・・1305人になる(笑)。

それはないと思いますが、購入されている理由を暴いて行きます!

20180621100814

実は・・・・・販売者が同じ!( *´艸`)

現在、FX-ONの人気ランキング2位の「利大損小百花繚乱EURUSD」と今回検証する「ギガガルーラEURUSD」販売者が同じ人物でした。

 20180621105303

 

20180621095553  

 

売れているときに売るという素晴らしい考えです。この人のなら問題ないと安心感を与える戦法を使っていますね。

スターバックスが新しいコーヒーを出したら、飲んでみますよね??

それと似た感覚です!

katamike氏のEAってだけで売れているということ!素晴らしいネームバリュー( ゚Д゚)

20180621112534

ココペリEURUSD出品者でもあるということです。

ココペリEURUSDの検証ページを見たい方は→こちらへ(=゚ω゚)ノ

「ギガガルーラEURUSD」ポジションを3つも持ちナンピンベースEA(=゚ω゚)ノ

  20180621111426

◆通貨ペア・・・[EUR/USD]→ユーロ/ドル

◆取引スタイル⇒

・スキャルピングスタイル→一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろうという考え

・スイングトレード→数日間~数週間(数ヶ月)で売買を済ませる短期売買のトレード方法

・ディトレード→1日で売買を完結する売買手法

取引スタイルを詳しく知りたい方は→こちらへ

◆最大ポジション数・・・3

◆最大ロット数・・・500(制限をしていない)

内部の一部ロジックで日足を使用しているので、GMT+2/+3のブローカーでの運用を推奨しています。

長期的な安定性に重きを置いて設計した9種のエントリーロジックを採用しており、大胆なトレードなさそうです。

エントリーした後は、独自アルゴリズムのトレーリングストップ機能で相場に追随し、最大限の利益を狙うパターンみたいです。

相場が中期的な反転の推移となった場合は最大で3ポジションまでエントリーを行い、コストの分散を図り、リスク回避をしているタイプになります。

「ギガガルーラEURUSD」の特徴とは??

「ギガガルーラEURUSD」→長期順張り、短期逆張りを主軸としたEAなのです。

20180621114459

長期順張りとは??

相場の流れに沿って売買をする手法です。

メリット
・流れに沿って売買するので、エントリー(仕掛け)して、すぐに利益が出る。

・トレードスタイルで比較すると、特に短期売買で効果が出やすい。

デメリット

・トレンドを確認してからの売買となる為、利益は限定される。
・エントリー(仕掛けた)ところが天井になる可能性もある。

 

短期逆張りとは??

相場の流れの転機点を狙って売買する手法です。

メリット

・「最安値」で買うことが出来る。

・相場が予想通りの展開になった場合、利益が大きく獲得できる

デメリット

・エントリー(仕掛け)してすぐに損失が出やすい為、チャートの流れ見なくてはならない。

・トレード手法が明確でない場合損失が大きくなり、リスクが高いです

 

これをEAがしてくれるなら稼げそうです。しかし、少しでもチャートの流れを読み間違えたら大損になりそうなので、損切りは低めに設定したほうが良いかも。

コスト分散型を採用している!

コスト分散型でナンピンを採用していて、損切りも設定をしている。49Pips~80Pipsの間で最適な値に設定されています。

「破綻するまでポジションを取り続ける」形ではなく、「コスト分散の為の追加エントリー」でしているようです。

ですが、ポジションは最大で3つまでしか取られません。

 

もしナンピンして全部負けたら大きな損失になりかねない。このことは頭に入れて運用した方が良さそうです。

そして、「ギガガルーラEURUSD」は「利大損小百花繚乱EURUSD」バージョンアップ??

「ギガガルーラEURUSD」は「利大損小百花繚乱EURUSD」の具体的な違いが3つあるようです。

1つ目

新規の追撃エントリーロジックを搭載し最大で3ポジションまでエントリー

これが、ナンピンのことですね( *´艸`)

2つ目

トレーリングストップ機能が複数ポジションに対応。また、コンセプトに合わせたパラメーターに調整。

自由にパラメーター調整が出来ることは、良いこともあれば、悪いこともある。自分で見極めろということだな。

3つ目

新規の利確・撤退ロジックを搭載。

決済ロジックを増やしたということだね。利確が増えたことは嬉しいが、もっと分かり易く公開してくれると安心できるのになーーーー!

 

20180622162652

そして、どのくらい違うのか??バックテストを比較してみました( `ー´)ノ

「ギガガルーラEURUSD」バックテストと「利大損小百花繚乱EURUSD」バックテストの比較

利大損小百花繚乱EURUSDバックテスト

20180607114337

20180607114406

20180607114435

◆期間・・2007.01.01 – 2017.12.31⇒10年

◆初期証拠金・・1,000,000

◆スプレット・・10

◆プロフィットファクタ・・2.55

◆最大ドローダウン・・47,940.59 (1.83%)

◆純益・・2,517,537.66

◆総取引数・・2315

◆勝率・・1176 (37.42%)

◆買いポジション(勝率%)・・1023 (52.30%)

◆売りポジション(勝率%)・・1292 (57.04%)

◆平均連勝・・2

◆平均連敗・・2

◆最大ストップロス・・74その他:相場状況によって50Pips~74Pipsの間で設定。

「ギガガルーラEURUSD」バックテスト

20180621142507

20180621142535

20180621142603

◆期間・・2007.01.01 – 2018.03.31⇒約11年

◆初期証拠金・・1000,000.00

◆スプレット・・10

◆プロフィットファクタ・・2.65

◆最大ドローダウン・・60,723.33 (5.64%)

◆純益・・4,403,057.85

◆総取引数・・3399

◆勝率・・2615 (76.93%)

◆買いポジション(勝率%)・・1429 (76.42%)

◆売りポジション(勝率%)・・1970 (77.31%)

◆平均連勝・・6

◆平均連敗・・2

最大ストップロス・・80その他:相場状況によって49Pips~80Pipsの間で設定

比較を表に出してみました!

  利大損小百花繚乱EURUSD ギガガルーラEURUSD
取引回数 2315 3399 1084
勝率 1176 (37.42%) 2615 (76.93%) 1439
(39.51%)
利益 2,517,537.66 4,403,057.85 1885520.21

比較をしてみるとこのような結果になりました。

ギガガルーラEURUSDの方はやはりナンピンを取り入れたこともあって、取引回数が約1000回ぐらい多く取引してます。

勝率に関しては「利大損小百花繚乱EURUSD」より「ギガガルーラEURUSD」が約1.5倍増えていて、利益は約2倍くらい増えています。

バックテストの内容としては、「利大損小百花繚乱EURUSD」より「ギガガルーラEURUSD」方が良さそうだと見えます。

しかし、利益が上がっている分最大ドローダウンの数字も上がっています。

リスクの部分もしっかりと気にしなくてはいけません。

「利大損小百花繚乱EURUSD」

最大ドローダウン→47,940.59

ポジション→1

最大ストップロス→74

「ギガガルーラEURUSD」

最大ドローダウン→60,723.33

ポジション→3

最大ストップロス→80

二つのEAとも最大ドローダウンは、証拠金に足しても10%を切っています。

しっかりとストップロスが設定されているので、それ以上に損失が膨らむことはありません。

ストップロスを基準にして、最大ドローダウンを予測すればかなり正確に把握できます。なので、ストップロスを設定していないシステムは論外です。必ずSLの設定のあるシステムを利用してください。

それに「ギガガルーラEURUSD」はポジション3つを持つ場合があり、潜在的ドローダウンが増しリスクが大きくなります。

なので、常にリスクのことを考えてEAを選定しなくてはいけないということです。

20180622142459

「ギガガルーラEURUSD」絶好調なEAフォワード成績

 20180621153844

◆収益・・+108,676円

◆初期額・・1,000,000円

◆プロフィットファクター・・3.82

最大保有ポジション数・・3

◆勝率・・90.00% (9/10)

◆最大ドローダウン・・4.08% (28,427円)

◆期間・・2018/06/04~2018/06/21(17日)

「ギガガルーラEURUSD」のフォワード成績は、利益もしっかりと出ていて好調なEAですね。

しっかりと損益をプラスにしています。収益が+108,676円と悪くないです。順調に稼いでいます。

取引数は、17日/10回→2日/1回以上のペースです。勝率も9割以上あるのでかなり調子が良いです。

しかし、私の中では購入しようとは思わない点が1つあります。

それが、期間です。

20180622142349

17日しかフォワードをしていないEAを購入するというのがリスクしかありません。

例えば

営業会社で新しく入ってきた新卒の新人社員に100万分の商品券を渡して、これを使って営業を獲得して利益を持って来いと言っているようなもんです。新卒を信用して、100万を預けますか?

それで利益を持ってきてくれると思いますか?

期間が短いとこのくらい信用できないということなのです。

なので、フォワード成績の期間はとても重要なのです。

 

私の戦術眼からすると

今回の「ギガガルーラEURUSD」は、勝ったり、負けたりして利益を積み上げてくEAです。

バックテスト、フォワードも利益を出している部分は評価出来ます。

EAの内容としては、魅力はありますが、過剰最適化(カーブフィッティング)の可能性もありえます。

結果や内容が良すぎても疑うことを忘れないでください。

それにフォワード期間に関してまだ1ヵ月にも達していないので、判断することが出来ません。

最低でも4ヵ月は必要なのでそこまで待ってください。

なので、現段階では購入することはお勧め出来ません。ランキングの上位だから、販売者が有名だから、などのいらない情報を捨ててください。

第一優先に公開している数字を信頼してください。

大切なお金を掛けるのであれば、安心したEAにお金を掛けてください。このEAには、勝てるまだ根拠が足りません。

20180622162801

なので

今回、こちらは商材としてはB評価の判定になります。

期間を置いて、それでもこの調子で順調なら購入しても悪くはありません。

運用タイプとしては、ポートフォリオ理論でやっていくEAです。

このようなEAを複数運用して、少ない資金で勝ち続けるトレーダーにためのEAです。

焦らず時期を見てから再度検討してみてください。

稼ぐために学んでいきましょう。

やってみようと思う方は、是非こちらからどうぞ!

ギガガルーラEURUSD
10年間の0.4ロット最大3ポジションの単利運用で1,700万円の利益 PF2.70超 1.0ロット運用時期待利得13,000超
10年間の0.4ロット最大3ポジションの単利運用で1,700万円の利益 PF2.70超 1.0ロット運用時期待利得13,000超?|?fx-on.com

◆アシトのメルマガ登録◆

FX月100万を稼ぐための極意を無料で教えます。

あなたがFXで稼ぐ為に絶対に必要な能力が身に付きます。

メルマガ登録は→こちらですよ(*´з`)

◆質問、お問い合わせ◆

何か質問、相談などがありましたらお気軽に連絡ください。

一緒に稼ぐ仲間になりましょう。

こちらで、どうぞお待ちしております。

それでは、またアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ