バサラの破産計算について

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

バサラの破産計算について話をしますね。今回もしっかりと内容を理解をしてこれからの経験にも活かしていきましょう。無知な選手ほど怖い選手はいません。しっかりと自分の強みと弱みなどを知らなくては長い戦いは戦えませんからね!そしたら本題の話をしますね。

 

バサラの破産計算とは


 
 ナウザー・バルサラという数学者が作成したもので、平均損失、平均利益、勝率の3つから、トレードを続けた時に破産する確率を示した表として有名です。
 

1. 勝率:勝てる確率 

勝 率=(  収益となったトレード数総トレード数)×100%

勝ちトレード数が60で全トレード数が100であれば勝率は0.6(60%)

2. 損益比率:勝ち分と負け分の比率 

損益率=平均利益 ÷ 平均損失( 売買手数料は損失に含めます)

平均損益額が50000円で平均損失額が40000円ならば1.2

3. リスク: 1 回のトレードにおける損切り金額

(損切り金額 ÷ 資金 ×100 )

運用資金が50万円で最大損失額が5間年であれば0.1

これら3 つの数字をもとに計算します。

そして

破産確率Qは、資金をn、賭金をb、勝率をp、損益比をkとして、

x=px^(k+1)+(1-p) (1式)

0<x<1・・・つまり 1以下の数

Q=x^(n/b)・・・ (2式)

こんな感じで求めます(笑)

めっちゃ難しそうな感じですよね?

しかし、計算方法に関しては覚えなくても問題はないです。

表もあるんですよ!

 

バルサラの破産確率の表

 

バルサラの破産確率表は簡単に、表にすることが出来ます。

⑨

こちらは運用金額に対する最大損失の割合が10%のときの表です。

運用金額に対する最大損失の割合が変わると、こちらの表の数値も変化します。

この表の使い方は例えば、損益率が2で、勝率が35%のとき

20180125180611

破産確率が60.8%になります。

このように使ってください。

実際、他の人のブログなどで勝手に計算をしてくれるソフトやグラフなどがあります。このようなことがあり、現状を把握できるということを一番に理解をしていただきたいのです。

やることに対してどんな手段があり、どのような使い方が出来て、しっかりとした情報源になるのかを見極める力が必要なのです。

もし、気になることがあったら直接連絡してもらえればしっかりと説明しますね。

それではまたアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ