レバレッジとは?

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

今回は、レバレッジについて初心者の方でも話分かるように話をしますね。FXをやるうえでは必ず出てくる言葉なので、しっかりと覚えるのと理解をしっかりとすることが大切です。

 

レバレッジについて

 

レバレッジ( leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率のことを言います。

 

レバレッジはFXではどんなことが出来る?

FXでは、レバレッジはめちゃくちゃ重要な役割をしています。というのもFXトレードをする際に、初めに取引会社に自分のお金(証拠金)を預け入れることが出来ます。そして、そのお金(証拠金)の数倍~数百倍の金額で取引を行うことが出来る。これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、担保=お金(証拠金)のようなものをかけて、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバ00倍と言う。

日本では近年、日本のFX業者が提供しているレバレッジは、100倍400倍と言った高すぎるレバレッジに対しての規制が設けられたので、最大で25倍までに変更されています。

 

レバレッジ取引がなぜ可能なのか?

 

それは、

FX決済方法に理由があるからです。

FXは、普段何か買い物をする時のように、お金の受け渡しを行うことはありませんよね?

FXのトレード(取引)に関しては、トレード(取引)で生まれた、差額分だけを決済していく、差金決済という方法だからです。なので、少ない資金でもトレード(取引)が可能になる仕組みなのです。

例えば

10万円のお金(証拠金)でも、10倍のレバレッジをかければ、100万円として取引が出来ます。

そして、レバレッジをかけなければ1万円の為替差益だったところが、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に膨らみます。

しかし、当然損失の場合にもレバレッジはかかります。1万円の損失が10倍のレバレッジをかけていれば10万円の損失になります。

 

レバレッジは、ハイリスク・ハイリターン

 

正直に話をします。これまでの説明で気付く人はいると思います。メリットとデメリットがはっきりしていると思いませんか?

だって、(メリット)

少ない資金→大きな取引出来る→勝つ→大きな利益

逆に(デメリット)

少ない資金→大きな取引出来る→負ける→大きな損失

思ってる通りです、レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなります。

しかし、私はレバレッジを使うことは賛成です。

 

★レバレッジを上手く使い稼いでいこう!

ここまでの内容では、ほとんどの人がマイナスなイメージを持って、使わない方がいいと思っているのではないでしょうか?

それは大きな間違いです。稼ぎたいんですよね?なら上手く使ってきましょう。

大抵の人が、全部の資金をかけ、レバレッジをしてトレード(取引)をしようとしています。

前にも言いましたが、FXはギャンブルではなく、効率の良い資産運用です。

なので、すべてをかけて取引をするのではなくしっかりと資金を残してやれば問題はありません。

この時に、ポートフォリオ理論を使います。

具体的な使い方としては

・長期で運用する際は、値動きが激しくなるから低いレバレッジで運用する。

・短期での運用をする場合は長期と比べ比較的値動きの幅が狭いので高いレバレッジで運用する。

これまでの内容を理解できれば、レバレッジは強力な武器となります。なのでしっかりと理解をして、見極めながら稼いでいきましょう。

それではまたアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ