優位な押し目買い、戻り売りを理解すれば稼げるぞ!

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

 

今回は、押し目買い、戻り売りのについて初心者でも分かる話をしますね。しっかりと理解すれば間違いなく、稼げます!

その前に・・・・・・・・・!

サッカーの話をします(笑)

乾貴士選手は知ってますか???

20180221152753

なんと、乾貴士選手がスペインリーグで日本人初の1部契約延長オファー( ゚Д゚)

おめでとう!

これはすごいことです。。

簡単に乾貴士選手の経歴を教えますね。

2004年 – 2006年 滋賀県立野洲高等学校

 

プロ経歴

2007年 – 2008年 横浜F・マリノス(日本)

2008年6月 – 同年12月 セレッソ大阪 期限付き(日本)

2009年 – 2011年7月 セレッソ大阪(日本)

2011年8月 – 2012年VfLボーフム(ドイツ)

2012年 – 2015年アイントラハト・フランクフルト(ドイツ)

2015年 – SDエイバル(スペイン)

そして、2015/2016シーズン、エイバルは当時のクラブ史上最高額となる移籍金で日本人アタッカーを獲得して、それから3シーズン、MF乾貴士はすっかりチームの主力となり、ファン・サポーターにも絶大な人気を誇っているのです。

日本人がまさかの世界最高峰のサッカー国スペインで活躍しているとは!嬉しいですね。

彼の素晴らしいところは、クラブからの評価の基準が少し違う!

ゴール数ではない、乾貴士が評価される理由とは?????

契約延長のオファーをエイバルが出したのは、記録として残る明確なものだけではなく、献身的な守備、攻撃の起点となるプレー、サボることなく最後まで走り続ける運動量、チームへの適合などが評価されたものだ。

20180221235225

本当に!日本人として素晴らしく、嬉しいことです!

サッカーもそうですが、他のことも、FXもそうです!評価をされるのが、大きな結果出した選手だけではないということです。

コツコツとコンスタントにやる選手、大きな結果も残す選手など、多くの選手がいます。自分がチームにどのような役割があり、何が出来るのかをしっかりと見極めて実行する選手が大切なのです。

これはFXも同じです。

大きく勝てるEA(自動売買)だけが必要というわけではなく、コツコツとコンスタントにやるEA(自動売買)も時には、必要ということです。

目に見えることがすべてでは無いということ。

このようなことを理解してくれると稼げます。

理解出来たら次のステップだね(笑)

そしたら、本題に入ります。

 

「押し目買い・戻り売り」を理解しよう!

 

◆押し目買いとは?

下降した相場が再び上昇して行く、この再上昇し始めるポイントを「押し目」と言います。

上昇トレンド中の一時的な下落を狙って買いを入れるのが

押し目買い

20180221160010

「安く買って高く売る」ことが肝なのです。少しでも安い位置で買うエントリー手法。

 

◆戻り売りとは?

上昇した相場が再び下降して行く、この再下降し始めるポイントを「戻り」と言います。

 

下降トレンド中の一時的な上昇を狙って売りを入れるのが

戻り売り

 

20180221160027

「押し目買い」とは逆にした形が「戻り売り」なのです。

簡単に言うと、トレンドを流れを読むことで稼ぐ手法です。

チャートを波形(トレンド)を見ることが一番大切なことなのです。

20180221162053

 

しっかりと理解をして見極める能力が必要なので、ここさえで出来るようになったら稼ぐのは簡単なのです(笑)

稼ぐ人の判断する、押し目買い・戻り売りのタイミングはここだ!

 

しっかりと稼ぐためには、タイミングと流れが必要なのだ。稼ぐことが分かっているFXトレーダーの方は、分かってくれると思うが、初心者の方に向けて簡単に説明しますね。

 

押し目買いに関しては、「半値押し(2分の1押し)と3分の1押し」を覚えておけば問題ない!

 

20180221232626

3分の1押し(1/3押し)は、マーケット全般で使われる用語です。

上昇を続けていた相場が値下がりに転じ、これまでの上昇分の3分の1程度まで値下がりすることなのです。

 

戻り売りも同じ流れである「半値戻し(2分の1戻し)と3分の1戻し」を覚えておけば問題ない!

 

20180221233746

 

3分の1戻し(1/3戻し)は、マーケット全般で使われる用語です。

下落を続けていた相場が値上がりに転じ、これまでの下落分の3分の1程度まで値上がりすることなのです。

 

この流れをしっかりと読めるようになれば勝てるのです。

しっかりと一つ一つ学んで覚えることが大切なので理解をしていきましょう。

 

今度、「押し目買い、戻り売り」をメインとしたEA(自動売買)などもあるので検証記事を紹介していきますね。

 

それでは、またアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ