ポンドドル専用の高頻度&高収益スキャル・スキャルピングフェアリーの検証記事

 

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

アシスト不要な選手はこちらにGO!

スキャルピングフェアリー
ポンドドル専用の高頻度&高収益スキャル
ポンドドル専用の高頻度&高収益スキャル?|?fx-on.com

 

今回も先に現在話題の・・・・・・・・・・平昌オリンピックについて話をしますね。。

早速ですが、

平昌オリンピック2018日本選手のメダル獲得者速報(パチパチ)

金メダル
羽生 結弦【フィギュアスケート】男子
小平 奈緒【スピードスケート】女子500m
菊池彩花 【スピードスケートの団体追い抜き】
新記録

佐藤綾乃 【スピードスケートの団体追い抜き】新記録

高木美帆 【スピードスケートの団体追い抜き】新記録

高木菜那 【スピードスケートの団体追い抜き】新記録

 20180222155431

銀メダル
宇野 昌磨【フィギュアスケート】男子
小平 奈緒【スピードスケート】女子1,000m
渡部 暁斗【ノルディック複合】個人ノーマルヒル
平野 歩【スノーボード】男子ハーフパイプ
高木 美帆【スピードスケート】女子1,500m

 
20180222155538

銅メダル
高木 美帆【スピードスケート】女子1,000m
高梨 沙羅【スキージャンプ】女子ノーマルヒル個人
原 大智【フリースタイルスキー】男子モーグル

20180222155828

金・・・・3個

銀・・・・5個

銅・・・・3個

合計・・・11個

金をやっと獲得したーーー( ゚Д゚)この調子で頑張ってほしいです(笑)

【スピードスケートの団体追い抜き】に関しては新記録という快挙(笑)素晴らしいです。

今大会の日本勢が獲得したメダルは金3、銀5、銅3の計11個となり、1998年長野大会の10個(金5、銀1、銅4)を超えました(笑)

冬季史上最多となったそうです。

ちなみに日本オリンピック委員会(JOC)が出していたメダル目標があったそうです。

それは、「複数の金メダルを含む9個以上」という目標で今回は達成したらしいです。こんなのがあるとは全く知らなかった( 一一)何事も調べることが大切ですね。

世界のメダルの獲得数と順位

20180222091642

20180222091725

これを知ってたら、平昌オリンピックがまた違う楽しみ方が出来ると思うので参考までに!

 

そしたら、本題に入ります。

 

 その前に、よかったらクリックアシストお願います☺

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

 

スキャルピングフェアリーはどんなコンセプトなのか?(ロジック)

 

まずはこれでこのEA(自動売買)を知ろう!

利用者数93名

 

20180222162106

通貨ペア・・英ポンド/ドル(GBP/USD

◆取引スタイル⇒・スキャルピングスタイル→一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろうという考え

・ディトレード→1日で売買を完結する売買手法

最大ポジション数・・・1その他:1ポジ固定で使いやすさを追求⇒ナンピン・マーチン・両建てはしない手法だね。

◆ロット数(初期値:1)資金に合わせて調整した方がいいね。

◆損切り (pips)(初期値:50)内部ロジックでも損切りする。広くするとテスト上の成績はあがるそうです。ここは大切かも!

◆利益確定 (pips)(初期値:20)内部ロジックでも利確しているので、このまましたほうが良さそう。

◆トレーリングストップ (pips)(初期値:0)初期設定では未使用。しっかりと見極めてからやるべきでだね。

◆月曜の取引開始時間(初期値:6)GMT+2/3の一般的なブローカーであれば調整不要だそうです。

◆金曜の取引終了時間(初期値:23)GMT+2/3の一般的なブローカーであれば調整不要だそうです。

 

スキャルピングフェアリーの大きな特徴

 ・過去12年間で7,000回以上の取引があり⇒エントリー頻度が高い

・勝率は70%以上、平均年利は+80%前後( ゚Д゚)⇒しっかりとバックテストで確認してみよう!

スキャルピングフェアリーのバックテスト

 

スキャルピングフェアリー・・・・勝率は70%以上、平均年利は+80%前後( ゚Д゚)⇒本当なのか?バックテストで確認にしてみよう( ..)φメモメモ

 

20180222170303

20180222171555

期間・・2005.10.01 – 2017.10.01⇒12年

◆SL=50

◆TP=20

◆初期証拠金・・100万

◆スプレット・・10

◆プロフィットファクタ・・1.18

最大ドローダウン・・897027.41 (11.35%)

◆純益・・11109727.86

◆総取引数・・7479

◆買いポジション(勝率%)・・3782(70.44%)

◆売りポジション(勝率%)・・3697(70.60%)

◆平均連勝・・3

◆平均連敗・・1

 

期間が12年間は素晴らしい!グラフも右肩上がりで悪くないね!

バックテスト上では、12年間運用して資金が100万で11,109,127円になっている\(◎o◎)/!

10109127円すごい!

しかし、最大ドローダウンが大きすぎ!-897027.41-891,027円だよ!

純益が11109727.8611,109,127円としてもスキャルピングスタイルと唱っていてこの負け方をするのは少し厳しいとは思う。リスクが大きすぎる(ノωノ)

もし、負けた場合-891,027円で残っても108,973円だよ(´;ω;`)ウゥゥ

計算式

1,000,000円-891,027円=108,973円

そこから、資金をまた立て直して、モチベーションも立ち直して運用を再度できますか??

そんなことが出来る人なら何でもできるね(笑)オリンピックの金メダリストでも無理だと思うな~

これはリスクが高すぎだよね!賭博EA(自動売買)だね。

バックテストの中の話だから、実際はなにが起こるかわからない、しっかりと考えて運用したほうがいいね。

スキャルピングフェアリーは、ちょっとバックテストの数字が良すぎて怖いな((+_+))

 

スキャルピングフェアリーのフォワードテスト

 

20180222180556

◆収益・・585,289円⇒4カ月くらいで何もしないでこのくらい稼げたら問題はないね。

◆初期額・・100万

◆プロフィットファクター・・1.50

最大保有ポジション数・・1

◆勝率・・71.36% (142/199)⇒基本7割くらいの確率で勝っている。取引数(トレード)に関しては4カ月で199回は多いですね。1日で約2回トレードしててるね。

◆最大ドローダウン・・16.29% (211,486円)負けるときはかなり負ける。

◆期間・・2017/10/03~2018/02/22 短い成績結果。せめて、半年~1年の成績が出てた方が理想。

やはり、最大ドローダウンの部分が大きいですね。しっかりと稼ぐことが出来るEA(自動売買)ではあるが、リスクが大きすぎるね。

私の戦術眼からすると、

今回のスキャルピングフェアリーに関しては、大きく振り幅があるタイプのEA(自動売買)でした。実際しっかりと稼ぐことは可能です。

しかし、少しリスクが大きすぎるのではないかと。これは、皆さんの考え方です。

私は、バックテストの成績が良すぎる部分があったりなので、信用性がないのでやりません。数字を良く見せたEA(自動売買)だと感じます。

フォワードテストはの結果もバックテストと比較してみるとあまり変わらないが、長期でのトレードを見たとしてもリスクが大きいし、かなり気にをして運用しないといけないのではないかと思います。

資金面に関しても100万円で1.0ロット運用ではかなりリスクです。100万円あたり0.3~0.4ロットにしないとドローダウン30%台に収まりません。ということはかなりの資金が必要ということです。1つのEA(自動売買)を運用する際に多くの資金を賭けることで勝てば大きいが、負けたらリスクが大きいということです。

ポートフォリオ理論を思い出してください。

1つの運用に大きな資金を掛けるのではなく、勝負出来る資金で多くのEA(自動売買)を運用して、1つのEA(自動売買)が負けても他のEA(自動売買)があるから問題ないという形を作らなければなりません。

スキャルピングフェアリーだと負けても大きいし、運用に関しても多くのことを気にするし、お金と時間とモチベーションのバランスが悪いです。

なので、この運用の仕方はお勧めはしません。しかし、やってみても悪くはないのでしっかりと検討してみて下さい。

今回、こちらは商材としてはC評価の判定になります。

やってみようと思う方は、是非こちらからどうぞ!

スキャルピングフェアリー
ポンドドル専用の高頻度&高収益スキャル
ポンドドル専用の高頻度&高収益スキャル?|?fx-on.com

◆アシトのメルマガ登録◆

FX月100万を稼ぐための極意を無料で教えます。

あなたがFXで稼ぐ為に絶対に必要な能力が身に付きます。

メルマガ登録は→こちらですよ(*´з`)

◆質問、お問い合わせ◆

何か質問、相談などがありましたらお気軽に連絡ください。

一緒に稼ぐ仲間になりましょう。

こちらで、どうぞお待ちしております。

それでは、またアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ