初心者が簡単に理解出来る( ゚Д゚)インジケーターを伝授!

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

皆さん、朗報です。まさかのあの・・・・・・あの・・・・・・

ネイマールを手術することなったそうです。

20180303174630 

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、2月25日リーグ1第27節のマルセイユ戦にて、プレー中にケガして、途中交代。

右足首の捻挫および第五中足骨の亀裂と診断されたそうです。今後はブラジルで手術が行われることもクラブ側から発表されています。

しかし、完全復帰を誓う「困難で立ち止まってはならない」と言っています。

全治までには6~8週間が見込まれている今回の負傷

ネイマールカッコイイね( *´艸`)

やはり、人間落ち込んだ時に耐えれるかが大切だね!

早く治ってほしいですね!

 

その前に、よかったらクリックアシストお願いします☺

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

 

 

それでは、本題に入ります。

 

インジケーターを判断材料に!

 

インジケーター(Indicator)・・・・「標示するもの」「指標」「指示器」などの単語の意味です。

簡単に言うと

 

為替レートデータを加工、数値化と視覚化したものです。

FXトレードでインジケーター(テクニカル指標)は、実際多くのトレーダーが活用して判断材料にしています。

ただ、本当にインジケーターを使ったら絶対に稼げるわけではありません。

これは事実です。なので、「このインジケーターを使えば稼げます!」って言っているのは疑うべきです(笑)

絶対にファンダメンタルズの要素も必要です。最初に言っておきます(-_-)/~~~!

ファンダメンタルズを詳しく知りたい方は→こちらへ

しかし、稼ぐためには必要な要素でもあります。多くの情報、知識の中で常に判断をしていくことが必要なのです。

今回はそのための判断材料として必要な要素なのでしっかりと理解をしてくださいね。

特に初心者の方は!(=゚ω゚)ノ

20180303184951

 

インジケーターの代表的な2つをまずば理解をしよう(*´з`)

 

インジケーターはチャートに表示させる事で、一定の勝ちパターン、エントリータイミング、相場分析、などが視覚的に確認出来るようになります。

実際、インジケーターと言っても多くの種類があります。いろんな考えがあるということですね。

そして、今回はインジケーターでも代表的な2つを初心者でも分かり易く説明をしていきます!

1・・・・トレンド系

2・・・・オシレーター系

20180303190240

 

1・トレンド系とは??

トレンド系

相場のトレンド状況に合わせて合図を出すタイプのインジケーターです。

為替レートが上昇(下落)傾向にあるから、今後もこのまま上昇(下落)を続ける可能性があるという相場の流れ(トレンド)を表してくれるもの

要は・・・・・・・・相場の方向性

そして、その中でも

移動平均線(Moving Average)

移動平均線(MA)は、トレーダーが多く活用しているテクニカルインジケーターです。

ある一定期間の平均価格を計算して、出た数字を線でつないだもの。

 

20180303223603

詳しくは知りたい人は⇒ここへ(*´з`) 

 

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

「価格は大部分の時間がバンドの中に収まる」

という統計学を根拠に算出されるテクニカル相場の標準偏差と正規分布に基づく、バンドをチャートに表示する。

 

20180303224925

詳しくは知りたい人は⇒ここへ( *´艸`)

 

2つのタイプがある。これがあること理解しよう(*´з`)

 

2・オシレーター系とは?

オシレーター系・・・

為替レートは高いから、下落にする可能性がある、為替レートは安いから、上昇する可能性がある、などを常に報告をして数値を出すインジケーターです。

要は・・・・・・・・買われすぎ、売られすぎなどの相場状態を表すもの

そして、その中でも

 

MACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method)

MACD(マックディー)「Moving Average Convergence / Divergence Trading Method」の略で、日本語では移動平均収束拡散手法といいます。

2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)で構成したインジケーターです。

20180303224146

詳しくは知りたい人は⇒こちらへ(^_-)-☆

 

RSI(Relative strength index)

RSI(アールエスアイ)とは(Relative strength index)の略で、J.W.ワイルダーによって開発されたインジケーターです。

過去の値動きに対して上昇幅の割合をグラフ化したもの

20180303223949

ストキャスティクス(Stochastics)

ストキャスティクスはジョージ・レインによって考案されたテクニカルインディケーターです。

売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するサインを出して、トレンドと逆の方向にエントリーする逆張りに使われるインジケーターです。

20180303224641

 

3つのタイプがある。これがあること理解しよう(*´з`)

 

知るということ大切に(≧▽≦)

 

今回はインジケーターの意味種類に関して説明をしました。実際に今度、どのような形でFXトレードで実践で使っているかを伝えますね。

このようにインジケーターも多くタイプがあるので知っておくことが大切です。

サッカーで例えると

相手もわからない試合って普通考えたら勝てないですよね??まして、勝つために作戦を練ったり、練習したりしますよね?

FXも同じです。

自分が知るということは準備をしていることということなのです。これが積み重なり判断材料となり、決断をしていくのです。なのでまずは知るということをめんどくさがらず、どんどん知る勇気を持ってきましょう(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

そして、稼ぐぞーーーーーーーー!

 

20180303225703

 

それではまたアシト。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ