FXトレーダーコウスケの「プロフェッショナル・トリガーFX」を徹底検証しました!part3 ロビンズカップの末路、過去優勝者の結末知り、見えてくる真実!

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

今回は、「プロフェッショナル・トリガーFX」でも話をしていた、再度ロビンズカップのこと、過去ロビンズカップ受賞者のトレーダー達がどのようにそのあと活動をしているのか?真実を語ってくれているのか?それとも詐欺、ダマシなのか?について話します。

前回の「プロフェッショナル・トリガーFX」記事が見ていない方は

part1→こちらへ(=゚ω゚)ノ

part2→こちらへ(*´з`)

最近、何度もロビンズカップのことについて話を取り上げていますが、ロビンスカップは悪いというわけではなく、肩書だけで物事見てほしくないから話をしています。

やはり、日本人は「みんなも使ってるから、ランキング1位だから」など自分の判断ではなく、他人の判断で結果を左右されがちな部分があります。

しかし、最終的には、自分で物事判断する力が必要なのです。

投資世界だと、良くも悪くも結果は必ず自分に返ってきます。

そこで、自ら情報を集め、考えて、決断することが出来れば、結果がどのようになっても受け止めるメンタル、それにフィードバック(見直し)が出来ます。

フィードバック(見直し)することで、自らの決断力の精度を上げることが出来るようになり、メンタル的にも成長できます。

それによって、トレーダーとして稼ぎ続ける力が身に付くのです。

このことを先に理解しながら、今回の記事を読んでみてください。見え方が少し変わってくるでしょう。

20180824163728

よかったらクリックアシストお願います☺

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

そしたら、本題に( ゚Д゚)

ロビンスカップの参加条件ってこんな感じでいいの??(*´з`)

ロビンスカップの歴史、大会の意味は、簡単に再度説明します。

ロビンスカップとは・・・正式名称「World Cup Trading Championships」(略称はWTC)通称ロビンスカップと言われています。

20180818140740

 

世界のトレーダー達が、参加し競い合うリアルマネーによるトレードコンテストになります。

歴史は、意外長く30年以上の大会で、1982年にJoel Robbins(ジョエル・ロビンス)が「Robbins Trading Company」を設立し、1983年にリアルタイム・リアルマネーによる第一回「World Cup Trading Championships®(ワールドカップ・トレーディング・チャンピオンシップ)」(通称:ロビンスカップ)を開催して今もなお続いている伝統的ある大会です。

アメリカでプロトレーダーの登竜門として有名なトレードイベントになっているそうです。

海外の過去優勝者

20180824114602 20180824114719 20180824114802

基本的に、参加条件、期間などは日本と同じです。

ですが、海外は歴史も長く情報が多くあります。

一方、日本はこのように歴代の表などありませんでした。

そこの時点で、ロビンスカップが日本と海外によって知名度がかなり違うということがわかります。

そんなロビンスカップの参加条件が、かなり安易なものなのです!

画像は前回大会のものになっています。

 20180824104208

参加条件

・WTC公認証券・FX会社口座を有すること

・エントリー時に口座残高が50万円以上であること

・エントリー時に建玉(ポジション)がないこと

参加拒否条件

・参加条件を満たさなかった場合

・WTC公認証券・FX会社から承認されなかった場合

それに、オンラインで簡単にエントリーするだけで、ロビンスカップに出場することが出来ます。

参加者がほとんどサクラという場合もありそうですね(笑)

1位になっても10万円しかもらえない大会

賞品(総額100万円)
1位:10万円相当の仮想通貨+トロフィー
2位:8万円相当の仮想通貨+トロフィー
3位:6万円相当の仮想通貨+トロフィー
4位:6万円相当の仮想通貨
5位:5万円相当の仮想通貨
6位から20位:3万円相当の仮想通貨
21位から40位:1万円相当の仮想通貨

参加費無料で総額100万円出るのは嬉しいことですが、1位になっても10万円しかもらえないって少し寂しい大会ですね。

この内容の参加条件だと実際に能力が見極められない

・参加条件であれば、1人で複数の口座を持ち大会にエントリー可能

1人で複数口座を持ち参加が可能らしいので、多くの口座を持っている人の方が上位に入る確率は間違いなく高くなる。

・本名の名前が公開されていないし、トレード自体把握されていないので替え玉が可能

2017年日本の成績

20180824110126

実際のランキングを見ても本名が公開されないし、大きな会社に所属しているトレーダーの場合、口座を複数持ち、替え玉などをしてトレーダーの売名行為が目的です。

だから、受賞したトレーダーのほとんどが商材を販売しているでしょう。

・トレード期間が短期(約5カ月)なので、瞬間的に勝っている人もいる

トレード期間が短いので、たまたま瞬間的な利益を出した素人トレーナーもいる可能性もある。

実際は、稼ぎ続けることが出来るのが素晴らしいトレーダーなのです。

ロビンスカップ優勝者はほとんどが教える側に回る

基本的にロビンスカップは、売名行為のために参加しているトレーダーです。

前回も話をした、2017年ロビンスカップ受賞者3人も商材を売っています。

それに過去のトレード達も受賞したことを売りにして、多くの商材を販売しています。

◆過去優勝者がその後どのようになっているのかを見てみましょう!

過去の多くの優勝者の中でもこの人を取り上げます。

トレードの世界大会ロビンスカップFX部門で歴代優勝者第2位、日本人の榊原卓丸氏。

書籍も出版していた!

20180824133645

とにかくめちゃめちゃ安い!

ロビンスカップFX部門で歴代優勝者第2位の書籍がアマゾンで、中古なら9円で簡単に購入が可能?????( ゚Д゚)

「お得だな」と思える自分がいない( ;∀;)なんか怪しい感じにしか思えない!それに人気が無さすぎ!

20180824134018

あの、かの有名な「走れメロス」よりも安いというね(笑)

メロスは走っているが、榊原卓丸氏は走り続けていないようです・・・・・・・

現在まだ販売(売れ残り??)をしているので興味のある方はどうぞ!

私は、全くお勧めしません。

榊原卓丸氏はEAの販売もしていた(p_-)

ミリオントレードFX~堅利~

20180824151433

・TradeMax Zillion

20180824152308

他にもいくつかEAをメインでを販売していたようです。

ネットで調べて頂けると分かると思いますが、EAに関しては、ほとんど販売が終了しています。

私も何度か見たことあるような商材でしたが、勝ったことのある、商材は1つもありませんでした。

それに、ネットの評価を見てみると他のトレーダーも榊原卓丸氏のEAは、かなり低評価のみたいです。

20180824153946

 

20180824154157

などなど他にも調べたら、多くの低評価が出てきました。

評判はあまり良くないし、現在はネットでの活動をしていないのです。

トレードの世界大会ロビンスカップFX部門で歴代優勝者第2位、日本人の榊原卓丸氏は、瞬間的に勝ったトレーダーということになります。

イメージとしては、一発屋芸人と同じということです。羽田陽区、小島よしおがまた再度ブレイクをすると思いますか??

それはないです。

このようにロビンスカップで受賞した人でも長期で稼ぎ続けることを伝えること難しいということなのです。

だからこそ、周りの評価ではなく自分で評価できる力をみにつけなくてはいけないのです。

アシト戦術眼からすると

今回は、「ロビンズカップの末路 過去のトレーダー達の結末を見てみよう!」について話をしました。

内容としては冒頭でもお伝えしましたが、肩書だけで物事見てほしくないということです。

普段の自分の考え方と見え方が少し変わりましたか?

変わった人は、成長出来ています。

逆に変わらなかった人は、元々持っていた考えだったのかもしれません。

このロビンズカップを話題に内容を書いていますが、どんな商材でも言えることです。真実を見抜いて欲しいということです。

周りの評価、肩書、など外的要因で、物事を決めるということは、しないでください。

まして、FXなどは多くの詐欺、ダマシ情報が出回っている世界です。

それに騙されずに稼ぐためには、自分の力を上げることだけです。

私のブログでは、そんな皆さんに勉強のための参考資料にして頂けたらと思っています。

勉強は、高いお金を払うから勉強ではありません。

払うではなく、自ら掴み取るのです。

20180824162924

これからも随時、アシトの考え方をブログ報告します。

楽しみにしておいてくださいね。

◆アシトのメルマガ登録◆

FX月100万を稼ぐための極意を無料で教えます。

あなたがFXで稼ぐ為に絶対に必要な能力が身に付きます。

メルマガ登録は→こちらですよ(*´з`)

◆質問、お問い合わせ◆

何か質問、相談などがありましたらお気軽に連絡ください。

一緒に稼ぐ仲間になりましょう。

こちらで、どうぞお待ちしております。

それでは、またアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ