FXで得た利益に対しての確定申告は必須ってこと知ってましたか?(国内FX)

こんにちは。月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

今回は、「FXの税金 確定申告方法」を話をしますね。

ちなみに、FX(外国為替証拠金取引)収入については、税金が掛かってくる事をご存知でしょうか?

このことを知らなかったら、脱税になってしまいます。

投資をやる上でも税金はしっかり納めなくてはいけません。

なので、確定申告の内容とやり方は知っておきましょう。

実際は「めんどくさい確定申告はしたくない」と言うのが本音だと思います。

しかし、FXで得た利益に対しての確定申告は必須なのです。

FXで利益を得たとしても

・確定申告をしなくても良い場合

・FXの利益が無くても申請をしなくてはいけない場合

もあるので、難しいFXの税金について必要なことだけを見て分かりやすくまとめて紹介します。

是非、この記事を参考にして頂けばと思います。

その前に

よかったらクリックアシストお願います☺

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

 

まずは、確定申告仕組みを簡単に知っておこう。

確定申告とは→

1月1日~12月31日までの1年間に得た全ての所得の額、およびこれに対する所得税額を計算した確定申告書を税務署へ提出し、納税額の過不足を精算することをいいます。

例年、基本的に2月16日から3月15日までの約1ヵ月間が、確定申告の受付期間となっております。

給与の年間収入金額が2000万円以下である給与所得者の場合、所得税等の税金が源泉徴収されたうえで年末調整により精算されるため、確定申告の必要はありません。

ただし、店頭FXを含む給与所得、退職所得以外の所得の年間合計が20万円を超えた方自営業の方などは、確定申告を行なう義務が生じます。

専業主婦やフリーターの場合には、年間の所得が38万円を超えなければ必要有りません。

しかし、地方税については「所得が35万円以下」とされているため、35万円以上38万円以下の場合には地方税について申告する必要があります。

(確定申告書の提出自体は無申告加算税や延滞税の賦課を承知の上で行うのであれば、時効が訪れない限り一年中いつでも可能です)

注意事項

時期や担当者にとって判断が違う場合があるので、最寄りの税務署で確認して下さい。

20181017102803

私もよくギリギリなって、税務署に飛び込むことがあるので、早めに準備することをお勧めします(笑)

 

FXの収入は雑所得ってことを知っておこう

雑所得は、この9種類の所得のいずれにも当たらない所得の事です。

・利子所得

・配当所得

・事業所得

・山林所得

・一時所得

・不動産所得

・給与所得

・退職所得

・譲渡所得

年金や恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受け取る原稿料や印税、講演料や放送謝金などがそれに当たります。

「著述家や作家以外の人が受け取る原稿料や印税」と示されるように、もしも作家が原稿料としてお金を受け取った場合には雑所得扱いには、なりません。

本職の給料以外のお小遣い目的で稼いだもの」と考えると雑所得について分かりやすいです。

そして、この雑所得による収入には税金が掛かります。

この所得種類に関して、知っておいて損はないので覚えておいてください。

20181017151625 

FXの雑所得の仕組み

雑所得の金額は、複数の所得をまとめて総合的に課税する「総合課税」の課税方式がとられています。

しかし先物取引やFX(外国為替証拠金取引)の場合は、

所得税15%+住民税5%=20%

確定申告の段階で他の所得と合算せずに分離して課税する「申告分離課税」と言う課税方式となっています。

2012年までは、店頭取引と取引所取引では課税の方法は違っておりました。

店頭取引と取引所取引は、統一され「先物取引に係る雑所得等」として所得税15%、住民税5%の税率で課税されるようになったのです。

雑所得の損益通算出来るもの、出来ないもの

10年間の1ロット運用で2,400万円の利益 PF2.50超 期待利得10,000円超 利大損小 単一ポジションの正攻法EA?|?fx-on.com

雑所得の中でFXは「総合課税」ではなくて「申告分離課税」になると話をしましたが、そのためFXの損益について他の雑所得と損益を通算できないようになっているのです。

しかし、FXの所得が分類されている「先物取引に係る雑所得等」の中であれば損益を通算して申告する事が出来るものもあります。

例えば

損益通算出来るもの

・CFD、オプション取引の損益

・上場カバードワラントの損益

・商品先物、日経225等の先物取引での損益

損益通算できないもの

・競馬やパチンコ等の損益

・株式投資の損益

・給与収入、年金収入

・外貨預金の為替差損益・利子

 

注意事項

FXの損益通算を行う時に良く間違われるのが、株式投資の利益になり、株式投資の収入は「先物取引に係る雑所得等」には含まれないので注意しておくようにしてください。

申告分離課税の特徴

特徴

・損失の繰越控除が3年間可能

・先物取引やその他の金融商品と損益通算が可能

・税率、一律所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=20.315%

つまり利息が1万円付いた場合、手に入る金額は7,969円なってしまうということ。

先物取引やFX(外国為替証拠金取引)の雑所得計算方法

決済損益+スワップ-経費=雑所得額

ここで気になるのが、経費の部分になると思います。

必要経費として認められるものを教えますね。

(先物取引やFXに直接に要した経費に限ります)

・通信費(電話・プロバイダ)

・新聞、図書費(専門紙、書籍、雑誌の代金)

・パソコン購入費(減価償却として計上)

・セミナー受講費(それに伴う交通費)

・会議費(取引会社との打ち合わせ)

・事務用品(筆記用具)

注意事項

必要経費の範囲は明確な線引きが存在しないものもありますので、詳しくは税務署にご確認ください。

必要経費を計上する際、基本的には領収書などの証明書類が必要となります。

20181017104607

 

まとめ

上記の内容を理解して頂けましたか?

このようにFXで得た利益に対しての確定申告が必須ってことを理解してもらえたと思います。

しっかりと稼ぐためには、FX以外にもやることがあるので勉強していってください。

税金は日本人の義務なのでしっかりと払っていきましょう。

20181017111857

◆アシトのメルマガ登録◆

FX月100万を稼ぐための極意を無料で教えます。

あなたがFXで稼ぐ為に絶対に必要な能力が身に付きます。

メルマガ登録はこちらへ!

↓(画像クリック)

あいあいあ

◆質問、お問い合わせ◆

何か質問、相談などがありましたらお気軽に連絡ください。

一緒に稼ぐ仲間になりましょう。

こちらで、どうぞお待ちしております。

それでは、またアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ