初心者でも簡単に分かる!最近話題になっているトルコリラ(TRY)の良さを教えます

こんにちは。 

月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。

今回は、「初心者でも簡単に分かる!最近話題になっているトルコリラの良さを教えます」について話をしますね。

よかったらクリックアシストお願います☺

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村

為替・FXランキング

実際、私自身トルコリラの通貨を使いEAを製作しています。

個人投資家の間でトルコへの投資が人気となっているようです。

トルコは、欧州、アジア、中東・アフリカにつながる要衝に位置し、人口構造の若い新興国である。

高い経済成長が期待でき、金利水準も高いという魅力があるのです。

一方で、足元でトルコリラが対米ドルで2005年のデノミ以降の最安値を更新するなど、為替リスクが大きいのも特徴です。

最近の話ですと2018年9月に利上げされ政策金利24.00%に!

金利爆上がりしました。上がりすぎ(笑)

ですが、為替レートについては2018年8月中旬に15円台まで大暴落し、史上最安値を更新しました。

こんなに大きく動く通貨だからこそ魅力があるのです(笑)

そんなトルコリラの魅力を教えます!

トルコとはどんな国?

トルコの正式名称→トルコ共和国(Republic of Turkey)

トルコの通貨→トルコリラ(TRY)

20190328101559_thumb[1]

トルコといえば、イスタンブールという街が有名ですが、首都はアンカラという町です。
内陸部に位置しています。
国の面積は、日本のおよそ2倍の面積があり世界36番目に広い国、 横に長い、長方形のような形をしています。
場所は、黒海、エーゲ海、地中海と海で囲まれていて、同時に複数の国と隣接しておりヨーロッパ、中東、ロシアに囲まれている国になり、西洋、東洋、中東、アラブのようでもある、ところなので様々な文化が混ざった独特の雰囲気を持った国なのです。
人口は約7900万人
住民のほとんどは、アジア系のトルコ人ですが、クルド人、アラブ人、ギリシャ人、アルメニア人など複数の人種も東部地域を中心に居住しています。
トルコ産業の約60%をサービス産業が占めており、トルコは工業や農業が盛んで、国民の約40%が農業に従事しています。
工業分野では主に繊維や衣類を輸出。
経済面では、財政赤字の慢性化やインフレ率の高さなどから、度々経済危機を起こしています。
しかし、トルコは人口の50%以上を20代以下の若年層が占めていて、平均年齢31歳という若さなのです!
こうした若者中心の人口構成が、トルコの経済成長における大きな原動力となっています。

トルコリラの高金利の理由とは!

そしたら、高い金利について話をしますね。
トルコでは、短期も長期も金利が軒並み10%を超えています。すごいことです。
金利がほぼない、日本の投資家からしたら、うらやましいと感じますよね?
トルコリラが高金利の理由は、2つあるのです。

1.インフレ率が高いから。
モノの値段が上がるということは通貨の価値が下がるということと同義になります
購買力平価の考えに基づけば、インフレ率が年率10%であれば、物価が安定している国の通貨に対して年率10%で下落してもおかしくないということになるのです。

20190329110956_thumb[2]

インフレとは・・・・
インフレーションの略で、私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が上がり続けることをいいます。
インフレには、良いインフレと悪いインフレがあります。
良いインフレは、企業が販売価格の上昇で儲かり、社員の給料が増え、消費者は物価上昇による生活費の増加を給料アップで吸収してもっと商品を買うようになり、商品が良く売れて企業が儲かる…というサイクルで景気は良くなります。
悪いインフレは、商品の仕入れ価格の上昇ほど商品価格に上乗せできず、企業の業績が悪くなり、賃金が上がらないのに身の回りの商品が値上がりして家計を圧迫するという悪いインフレは経済に悪影響を及ぼします。

2.経常収支が赤字であって、穴埋めするために高い金利で資金を引き込む必要があるから

現在のように先進国が金融を引き絞り始めると、経常収支が赤字の新興国への資金流入は難しくなり、あるいは資金流出が顕著になり、同国の通貨には下落圧力が加わりやすくあります。
2013年5月にアメリカのバーナンキFRB議長(当時)が金融緩和を縮小する可能性に言及しただけで、新興国通貨は下落しました。
特に、通貨下落が顕著だった国、あるいはそれらの通貨は「フラジャイル(脆弱な)ファイブ」と呼ばれたのです。
トルコ(リラ)は、ブラジル(レアル)、インド(ルピー)、インドネシア(ルピア)、南アフリカ(ランド)と並んでその一員でした。
2017年11月に、アメリカの格付け会社が新たな「フラジャイル・ファイブ」を発表しました。
オリジナルメンバーの中で、トルコ(リラ)だけが再び有り難くない称号を贈られたのです。
ちなみに、他の4つは、アルゼンチン(ペソ)、パキスタン(ルピー)、エジプト(ポンド)、カタール(リヤル)になります。
以上から、新興国通貨(ここではトルコリラ)の下落と高金利の間に密接な関係がみてとれるということです。
FXにおいて、円で投資する側からみれば、トルコリラの下落分はスワップ(短期金利差)でカバーされます。
そして、期待されるトータル・リターン(通貨騰落分+スワップ)は先進国通貨のそれを上回るはずです。
なぜなら、先進国通貨に比べて変動が大きく、流動性が低いトルコリラに期待されるトータル・リターンが先進国通貨と同じか、あるいは下回るならば、誰も投資するメリットを感じないからです。

なので、多くの投資家が目をつけているのです(笑)

20190329141140_thumb[1]

トルコの政策金利はインフレ率上昇で24%??( ゚Д゚)

2018年のトルコの政策金利上昇は、国内のインフレ率上昇を食い止められなかったことが大きな要因になっています。
2018年4月時点では、8%だった政策金利を16.5%、17.75%と上げ、9月には24%まで引き上げ、2019年も24%になっています。
当初、トルコの大統領エルドアンは金利の引き上げに後ろ向きな姿勢をとっていました。
利上げ躊躇の理由は、国内支出の多くを占める不動産・住宅セクターの景気に響くこと、支持基盤への懸念を考慮してのことだと言われております。
結果的に、24%まで政策金利を上げたが、インフレは今後改善されるのかは、未定です。
20190328112824[5]

20190328112933_thumb[1]

(引用:トルコ・中銀政策金利|経済指標|みんかぶFX)

2019年以降のトルコリラを予想する上で3つの明るい材料

私が考えるトルコリラの見通しをお話にします。

20190329141038_thumb[1]

まずは、2019年以降のトルコリラを予想する上で3つの明るい材料を知っておきましょう。

・原油価格の変動

トルコリラには、原油価格の変動が影響していることを知っていましたか?

原油産出国ではなく、輸入の多いトルコにとって、原油の値上がりは経常収支を圧迫する。

原油価格の上昇と反比例するように、トルコリラ価格は下落するのです。

今年の夏場には1バレル=70ドル台まで原油価格が高騰したが、12月に入ると1バレル=50ドル台で落ち着いたので、2019年もこの価格帯で安定してくれると、トルコリラにとっては嬉しい。

・経常赤字改善の兆し

経常赤字改善の兆しトルコの国力は近年整いつつあり、GDPも毎年上向いていました。

2018年はトルコの隣国である「シリア」の情勢も落ち着き、IS(イスラム国)勢力の減退で「トルコにいたシリアからの難民も減少⇒トルコ国内の失業率が改善」とファンダメンタルズは良くなっています。

2017年と比べ最大約40%ものトルコリラ安で、国民の生活は苦しめられたが、リラ安が輸出競争力に寄与する側面もありました。

トルコリラ安により、輸出競争力が高まったことは中長期的にはトルコ経済に追い風です。

現状は対GDPで約5%の経常赤字ですが、将来的には3%程度まで改善されるかもしれません

・アメリカのドル高の影響

2018年はトルコリラに限らず新興国通貨全般が安くなった背景には、ドル高の影響もあると考えいます。

アメリカの金融引き締めが今年よりペースダウンしそうなことも、新興国通貨にとって大きな影響になります。

急激なドル高が起こらないなら、2018年のように新興国通貨が極端に売られる可能性は低くなると考えいます。

この3つが明るい材料になるのでトルコは問題なさそうですね。

知っておいてください。

長期的に(2〜5年間)トルコリラの高金利を狙って運用する人にとっては、非常に向いている通貨だと考えています。

なぜなら、2020年以降はアメリカの利上げ回数が減少することで、トルコリラへの投資魅力が高まり、利息の積み上げだけではなく、為替差益も狙えるからです。

2019年中に多少下落をしたとしても、2020年以降も保有するのであれば、十分に積み上げた金利(高金利)で巻き返せるのではないかと考えます。

トルコリラに長期投資する場合は、スワップポイントが重要になります。

なぜならスワップポイントが高いほど、毎日積み上がる利息が大きくなり、利益を得られる可能性が高くなるからです。

そのほかの通貨と比べてもトルコリラはスワップポイントがかなり高いです。

『普段は仕事でなかなか為替を確認できない』『パソコンに張り付いて取引できない』という人は、トルコリラの長期投資がおすすめです!

是非、皆さんもトルコリラでトレードしてみてくださいね。

◆アシトのメルマガ登録◆

FX月100万を稼ぐための極意を無料で教えます。

あなたがFXで稼ぐ為に絶対に必要な能力が身に付きます。

メルマガ登録はこちらへ!

↓(画像クリック)

あいあいあ

◆質問、お問い合わせ◆

何か質問、相談などがありましたらお気軽に連絡ください。

一緒に稼ぐ仲間になりましょう。

こちらで、どうぞお待ちしております。

それでは、またアシト。。 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ