アシトの独り言(*´з`)2020年(令和2年)の干支ねずみ!!文字の意味、どんな年か、干支が最初の理由などなどを調べました!

こんにちは。
月100万FXで稼ぐアシスト王のアシトです。
今回は、アシトの独り言になります( *´艸`)
投資とは関係ないので、興味のない方はこちらでも見てください
絶好調なEAの成績結果!2019年まとめ!

それでは話をしていきますね。
2019年は元号が令和に変わり、新しい時代がスタートしました。
20200107104500_thumb[1]
2020年(令和2年)は、いよいよ東京オリンピックが開催され、楽しそうなイベントがたくさんあります。
そこで特に理由はありませんが、2020年(令和2年)の干支ねずみにという部分に気になってきたのでその話をしてきますね。
干支についてはいろいろと知らないことばかりです。
ねずみを表す文字やその意味は何なのでしょうか?
ねずみが干支の最初である理由?
また、ねずみの年はどんな年になるのかを調べてみました。

2020年(令和2年)の干支のねずみの文字や意味は?

まずは、干支について話をしますね。
干支とは
→十二支(じゅうにし)と十干(じっかん)という2つの暦の数え方を組み合わせた表記方法になります。
十二支と十干の組み合わせは60パターン存在しており、この組み合わせを「干支(えと/かんし)」と呼びます。
60年かけて干支を一周すると「還暦」を迎えます。
近年の干支早見表
20200107113421[5]

次に、干支のねずみの文字や意味
干支でネズミは「子(ね)」の文字を使って表します。

ねずみ年の文字「子」の意味は、「十二支読本」によると、干支の「子」はもともとはねずみでは無く、子供を表す文字だったのです。

なぜ??
「子」がねずみになったのでしょうか???
ネズミも子供も体が小さいから???
などと疑問思う部分はありますが・・・・・・・(*´з`)
理由はシンプルでした!
「最も多く子を産むから」

「子」がねずみになった理由ですが、「語源十二支物語」でその理由が説明されています。

「子」の字には増えると言う意味があり、ねずみもたくさん子供を作るので「子」の文字をねずみにしたそうです。

なかなか興味深いです( `ー´)ノ
知らないことを学ぶって楽しいですね。

ねずみが干支の最初である理由を見てみましょう!

ねずみが干支の最初である理由は???なに???

ねずみが干支で最初の理由は諸説あるようです。
その中の一つを説明します。
干支が作られた時代は約3600年前と大変古く、あまり資料が残っていないようです(p_-)
ですが、有名な日本の民話である「十二支のはじまり」が有名ですよね。
面白いですし、干支の順番も楽に覚えることが出来ます。
こんな感じのやつ!(笑)

20200107120642[5]

十二月のある日、神様は動物たちを集めて言いました。

「来年の1月1日に私の家でごちそうするから来てください、12番目までに来るとご褒美があります」

ねずみは早く神様の家に着きたいので、外で寝ました。

ねずみが朝起きると、うしの背中で寝ていました。

うしは足が遅いので早くに出かけたのです。

神様の家に着くと、ねずみはうしの背中から飛び降りて、神様の家に1番に着きました。

うしは2番目でした。

その後、他の動物たちも次々にやってきました。

神様からご褒美の発表があり、1番目だったねずみのために、今年を「ねずみどし」にする、と発表しました。

その後、着いた順番に「うしどし」、「とらどし」、・・・と決まり十二支と呼ぶことになりました。

しかし、ねこはねずみに騙されて来なかったので、「ねこどし」はありません。

ざっくりとした内容です!
まんが日本昔ばなしデータベースより、この十二支のはじまりのお話は、東北の話であったり、静岡の話であったりと、日本全国様々な土地で語られているようなのでもっと調べてみても面白いかもしれませんね。

最後に!ねずみの年はどんな年になるのか???

2020年の干支(えと)は「庚子(かのえね)」。
60で一周する干支のうち37番目になります。
庚子年がどのような年になりそうか???
漢字「庚」「子」の意味とこれまでの傾向をみてみると分かることがあります。
「庚」と「子」の意味

庚子は、十干で「庚(かのえ)」、十二支で「子(ね)」に相当します。

「庚」は十干の7番目にあたります。
五行でいうと「金の陽」の性質を持っており、鋼鉄のイメージで、攻撃的、強引な一面があるようです。
「子」は十二支の一番初め。
「水の陽」の性質を持ちます。
胎児に例えられることが多く物事の始まりを意味し、可能性や変化といったキーワードが当てられます。
繁栄をもたらす「冨の象徴」の一面もあるみていです。

20200107134255_thumb[2]

 

庚子年の特徴は変化が多い年!

庚と子の特徴をあわせもつ庚子の年は、一言で表すと、「変化が多い年」になると考えられます。

心に影を差すような変化があれば、物事が一気に進む劇的な変化もあると言われてます。

1960年「庚子」年のできごと

60年前、前回の庚子にあたる1960年(昭和35年)には、世の中を大きく変えるできごとが世界中で起こりました。

・日米安全保障条約に反対する「安保闘争」が政界を揺るがし岸内閣を総辞職に追い込みました。
・アメリカでは、キング牧師らによる公民権運動のさなか、大統領選でジョン・F・ケネディが勝利した!これにより法律上の人種差別撤廃へつながる大きな一歩となりました。
・日本を含む環太平洋全体を津波が襲ったチリ地震。
・四日市公害の被害が表面化し、大きな問題となったのも1960年でした。
・2019年5月に皇位を継承した今上天皇陛下、浩宮さまが誕生されたのは、1960年2月23日です。
などなど多くの出来事が起きています。
2020年はどんな年になるのか??

2020年といえば、東京オリンピック・パラリンピックはあるし、宿泊、輸送、観光など周辺各方面でも大きな変化が起きるでしょう。
3月には聖火リレーが始まり、羽田国際線が増便され、約50年ぶりとなるJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」が暫定開業を迎えます。
20200107135254_thumb[1]
さらに各地で再開発が進められており、ホテルや商業施設も開業ラッシュ!
街並みがからり一転するでしょう。
これがきっかけで、その後の生活などを変える第一歩となるかもしれません。
投資の世界も大きく動くと思うのでかなり楽しみですね。
今年はいろんな意味で「変化が多い年」になるでしょう。
そんな「変化が多い年」に対応できる知識、能力、稼げるEAを無料でゲットできるので!
気になる方は是非メルマガ登録お願いします!

◆アシトのメルマガ登録◆

FX月100万を稼ぐための極意を無料で教えます。

あなたがFXで稼ぐ為に絶対に必要な能力が身に付きます。

メルマガ登録はこちらへ!

↓(画像クリック)

あいあいあ

◆質問、お問い合わせ◆

何か質問、相談などがありましたらお気軽に連絡ください。

一緒に稼ぐ仲間になりましょう。

こちらで、どうぞお待ちしております。

それでは、またアシト。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ